品川近視クリニック 名古屋

愛知県内の「品川近視クリニック」名古屋院について

品川近視クリニックの名古屋院

 

レーシック手術・ICL(眼内コンタクトレンズ)に関してなら、「品川近視クリニック」で受けられます。

 

レーシックと視力回復では専門病院でもありますし、ICL(Implantable Contact Lens)・(眼内コンタクトレンズ)についても取り扱っています。

 

特に愛知県内では「名古屋院」があり、名古屋駅前からアクセスできます。

 

中部地区のレーシック専門医院として、医療を提供しています。

 

各レーシック向けのメニューも提供されていて、分割払いも可能ですので、月払いなどでレーシックが受けられます。

 

レーシックの代替としてICL眼内レンズを考えている人向けでもあります。

 

使い捨て器具の使用はもとより、クリーンルームでの手術などの衛生管理が行われています。

 

品川近視クリニック【名古屋院】公式サイトへ

 

 

 

 


品川近視クリニック・名古屋院で行われている主な内容

名古屋院の内容

 

品川近視クリニック自体は、愛知県だけにあるわけでもありません。

 

東京都内にも東京院がありますし、北海道には札幌院、大阪府には梅田院、福岡県内にも福岡院などは見かけます。

 

名古屋院は人気で、中部・東海地方だと特に来院する人が多いのですね。

 

この名古屋院で受けられるレーシック手術メニューも多いのですが、アマリス750Zレーシックは受けられる施術のなかでは人気でしょう。

 

レーシック以外では、ICL(眼内コンタクトレンズ)が特に人気も高まっています。

 

角膜を削らずにすむという安全性での配慮、コンタクトレンズなのにレンズを交換する必要がない、またレーシックを受けることが難しい(超強度近視)の人でも受けられるというメリットはあります。

 

レーシックと老眼治療専門のリーディングアイ・クリスタルという施術も、高齢者だけでなく40代ぐらいで老眼になってきた人にも好評です。

 

老眼を直す手術のなかでは良い方法のひとつではあります。

 

レクストという術式は、「角膜が弱くなりやすい」というレーシックの弱点を克服した治療方法です。

 

「1日レーシック」のようなな日帰りレーシック手術も可能ですし、名古屋院には提携託児所もマーマ名古屋・アクアタウン保育ルームなどで用意しています。

 

 

品川近視クリニック・名古屋院の人気メニュー

アマリス750Zレーシック アマリスZレーシックよりレーザー照射の精度が向上・照射時間も短縮
Lext(レクスト) プラス 視力回復+角膜強度の向上を同時に達成する治療法
クリスタルZレーシック フェムトLDVクリスタルラインのフラップ作成で良質な見え方を実現
品川イントラレーシックアドバンス イントラレースのフラップ作成・アレグレットの屈折矯正でオーソドックスな施術
リーディングアイ・プラス レーシック手術と老眼治療を同時に行う老眼治療方法
アマリス750 リーディングアイ・プラス 7次元レーシックと老眼治療を同時に行う形の施術
ラゼック フラップ作成にアルコールを使用する・眼にキズ、目の小さい人でも対応可能な施術
ICL(眼内コンタクトレンズ) 安全性の高い素材(レンズ)を眼内に挿入する「角膜を削らない視力矯正手術」

 

この中でも、人気が高いのはレーシック手術のなかでは「アマリス750Zレーシック」、角質を削らないという安全面でも配慮された「ICL(眼内コンタクトレンズ)」などです。

 

ICL(眼内コンタクトレンズ)は、レーシック手術と比較すれば若干費用も高いものの、レンズ交換の必要がなく、近視の戻りもない、厚生労働省で認可された視力矯正治療になっています。

 

強度近視の人にも対応していることで、ICLを選択する人も多いです。

 

なおICL手術は認定医制度で、認定医が在籍しているクリニックでしか対応できない面もあります。

 

愛知県内や名古屋市内でICLを受けたい人には、品川近視クリニック・名古屋院は選択肢のひとつになるでしょう。

 

 

レーシック(Lasik)手術とICL手術・どちらを受けるか迷った場合は

 

現在では、レーシック手術以上にICL・眼内コンタクトレンズの手術は人気が出ています。

 

気になるのは費用面や、主な利点・欠点などだと思います。

 

もし品川近視クリニック・名古屋院でレーシックかICL眼内レンズか選ぶのに迷っている場合には、違いなどを把握してみるといいでしょう。

 

こちらのページで、レーシックとICL眼内レンズの違いと比較・ポイントなどをまとめています。

 

 

 


無料検査予約や無料説明会に参加するのもおすすめです

名古屋院でレーシック手術を検討しているのであれば、無料検査だけでも受けてみることをおすすめします。

 

角膜や眼の状態を確かめた上で、実際にレーシックが可能かどうか、どの程度の視力回復が望めるのか、どの施術が最適か・・といったことを判断してもらうことができます。

 

無料説明会も名古屋院のクリニック内で実施しているので、参加してみると「どんな内容なのか・・安全性は?」みたいな基本的な疑問にも答えてもらえるでしょう。

 

なお、レーシックを受けることをもう決めている人も「適応検査」は必要ですので、検討中の人と同様に公式サイトから「無料検査予約」の申込を行うことが望ましいでしょう。

 

名古屋院では、「レーシック・ICL無料簡易検査」も実施中です。

 

リーディングアイなどの老眼治療に関する詳しい説明も、聞くことができます。

 

 

品川近視クリニック・名古屋院のクリニック案内

住所(名古屋院) 愛知県名古屋市中村区名駅5-7-30 名駅東ビル3F(マップ
アクセス JR名古屋駅「桜通り口」より徒歩7分・

地下鉄桜通線国際センター駅より徒歩1分

 

 

品川近視クリニック【名古屋院】公式サイトへ

 

 

 

 

品川近視クリニック・名古屋院へのアクセス方法・車などで行き方

JR名古屋駅からのアクセス

 

レーシック手術や視力回復で有名な愛知県の「品川近視クリニック・名古屋院」ですが、この病院に遠方から行くにはアクセス方法を調べておいた方がいいでしょう。

 

品川近視クリニック・名古屋院のあるビルと外観・周辺

 

まず、詳しいクリニックの住所などです。

 

愛知県の名古屋市内、中村区の名駅になるので、JR名古屋駅のある名古屋市内の中心部にあるわけですね。

 

マップでの名古屋駅前からの名古屋院へのアクセス・マップ

 

 

電車でのアクセス

 

電車でのアクセス方法としては、JR名古屋駅からよりは、地下鉄桜通り線の「国際センター駅」で降りて、3番出口を出るとすぐの場所になるでしょう。

 

名古屋高速都心環状線の大通りが近くにあって、チケットセンター名古屋本店の方の路地裏に入っていきます。

 

そこから少し歩けばビルが見えてきますが、公式サイトでマップの場所確認をしておくと迷わずに済みます。

 

JR名古屋駅については「桜通り口」からだと歩いて10分ほど、国際センター駅なら徒歩2分ほどだそうです。

 

名古屋駅前

 

自動車で来院する際の駐車場

 

品川近視クリニック・名古屋院があるビル自体には駐車場はないでしょうから、もし車で来院する場合には近くの駐車場に停めて通う必要がありますね。

 

 

小さな駐車場も近くにはありますが、やはり名古屋駅で大きなパーキングを探す方が無難です。

 

品川近視クリニック・名古屋院の近くのパーキングを利用したいとき

もし、品川近視クリニック・名古屋院の周辺にある駐車場を利用したい場合は、おすすめできるパーキングなどがいくつかあります。

 

品川近視クリニック・名古屋院の周辺にある駐車場情報(より近い場所から)
駐車場名 所在地 電話 ホームページ
名古屋国際センタービル駐車場 愛知県名古屋市中村区那古野1丁目47-1(マップ
常らくパーキング 愛知県名古屋市中村区名駅5丁目5-21(マップ
花車駐車場 愛知県名古屋市中村区名駅5丁目-5-15(マップ
三井のリパーク 名駅第14駐車場 愛知県名古屋市中村区名駅5丁目11-10(マップ 公式サイトへ
エムテック六号パーキング 名古屋市中区錦1-7-42(マップ 公式サイトへ
丸森パーキング 愛知県名古屋市中村区名駅4-2-7(マップ 公式サイトへ
名鉄協商パーキング 錦橋西第4 愛知県名古屋市中村区名駅5丁目15(マップ
名鉄協商パーキング 錦橋西第2 愛知県名古屋市中村区名駅5-18(マップ 公式サイトへ
パラカ名駅第4 駐車場 愛知県名古屋市中村区名駅5丁目21(マップ
パラカ名駅第1 駐車場 愛知県名古屋市中村区名駅5-29-5(マップ
Dパーキング名駅5丁目第1 愛知県名古屋市中村区名駅5丁目24-11(マップ
ティーファス柳橋駐車場 愛知県名古屋市中村区名駅4-23-5(マップ
リオパーキング名駅南 愛知県名古屋市中村区名駅南1丁目5(マップ
名鉄協商柳橋 駐車場 〒450-0003 愛知県名古屋市中村区名駅南1-514(マップ
ハローパーク名駅南1丁目 愛知県名古屋市中村区名駅南1丁目8(マップ
名鉄協商名駅南第7 駐車場 愛知県名古屋市中村区名駅南1-11(マップ 公式サイトへ

 

 

高速道路の利用で来院する場合

他県から車で名古屋駅まで来るには、やはり名古屋高速都心環状線の高速道路を通って行くことになるでしょう。

 

名古屋高速都心環状線の高速道路

 

 

交通費補助制度の利用

もし遠方から来院する場合には、電車を使うなりして「交通費補助制度」なども利用してみるといいかもしれません。

 

1万円までは交通費が支給されれば、名古屋院まではかなりアクセスもしやすいはずです。

 

名古屋院でしたら、隣県の岐阜県・三重県などは対象になりません。

 

 

 

サイトのトップページへ戻る

 

 

 

 


page top