レーシック手術 個人差

クリニックのレーシック手術は個人差が大きいのでしょうか

レーシック手術の個人差

 

レーシックとは、レーザーを角膜に照射することで、屈折力を調整して近視や遠視、乱視を矯正する眼科手術のことをいいます。

 

視力を矯正することができるため、施術後にはコンタクトレンズやメガネをする必要がなくなり、快適な裸眼生活をすることができるようになります。

 

手術費用は内容にもよりますが十数万円ほどのメニューもあり、受ける人は増加しているようです。

 

しかし、レーシック手術はメリットばかりではなくデメリットもあるとも言われています。

 

満足できる効果も個人差があるという話もあって、手術をするかどうかは大きな決断となりますね。

 

希望通りに視力が良くなったという人も、ドライアイになったなど副作用がある人もいるとかいないとか話がいろいろあります。

 

ただ一昔前よりも近年では、様々な角膜の状態に合わせた術式やより安全な最新機器が開発されたり、機器がコンピューター化していることから、昔よりも患者の角膜の状態や施術する医師の技量に関しては心配が少なくなっているとされています。

 

また、多くの場合で1.0以上の視力を回復しているそうですが、施術前の視力の状態によっては希望通り視力を回復するのは難しいと考えられています。

 

また、施術を受けるときにも個人によって受けられないケースもあります。

 

未成年、高齢者、妊娠中や授乳中は受けられないことが多いです。

 

未成年は視力を含めて体が成長しているためで、高齢者は老眼がきつすぎてレーシックではカバーできない、妊娠中などの場合は薬を使うことが制限されているため手術を受けることは難しいのですね。

 

ただ、高齢者の老眼治療についてはレーシックではなく老眼手術のような別治療もあったりします。

 

その他、角膜が薄い、目が炎症しやすいという人も事前検査のカウンセリングなどでは断られる可能性があります。

 

何にしても、手術は手術ですのでなるべくは症例の多い安心できそうなクリニック選びをしたいものですね。

 


レーシック手術で安いメニューは大丈夫なのか

レーシック手術で安いメニューになっているものには安い理由があります。

 

相場の範囲内で安いというのであれば、それは妥当な料金かもしれませんが、あまりにも格安の料金になっている場合には注意が必要ですね。

 

大丈夫かどうか?は正直なところ、調べてみないとわからない部分があります。

 

格安価格の場合は保証期間が短くなっていたり、設備が古いもの、あるいは施術内容自体が古い診療となっていたりすることが多いと考えられるケースがあります。

 

逆に高いと最新の設備を取り入れていて、ありと最新の技術を駆使した診療メニューだったり、保証期間が長いというようなことが考えられます。

 

また、オプションのようなものがあって、老眼や乱視の矯正などのサービスが入っている医療と入っていない治療などの違いがあったりしますね。

 

つまり、サービス内容と新旧、設備が異なっていることが料金に反映されていることが多いのがこのレーシック手術です。

 

ですから、この手術を検討する時には、どういう手術内容で、設備はどういうもので、サービス内容はどういうものなのか?をしっかりと調べる必要があるでしょう。

 

その内容次第で、安い高いを判断する必要があります。

 

大丈夫かどうか・・についても、設備の新旧、あとはクリニックの信頼性(実績、症例、アフターサポートなど)なども含めて考えてみる必要があるでしょう。

 

古い設備を使用していたり、レーシックをついでに行っている普通の眼科病院などでの不慣れな治療だったりすると、リスクは高いものとなるかもしれません。

 

こうした情報を開示しているかしていないかも判断材料とすべきでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

page top